• ひなた整骨院
  • TEL
  • 診療時間
  • あさひ整骨院
  • TEL
  • 診療時間

スタッフブログ

変形性股関節症

変形性股関節症

皆さん、こんにちは!

佐賀市、小城市にある整骨院ひなた整骨院、あさひ整骨院です。

 

今回は「変形性股関節症」についてブログでお話ししようと思います。

 

皆さんは、歩く度に脚の付け根あたりに違和感があったり、痛みが出たりといった症状を感じたことはありますか?

この原因は、主に変形性股関節症です。佐賀市、小城市にある整骨院ひなた整骨院、あさひ整骨院では、とくに40〜50代の女性が、こうした症状を感じて来院される方が多いです。

 

股関節の特徴は、専門的には「球関節」といわれる形にあります。野球の球と同じ意味で、まん丸という言う意味です。球関節の代表は、肩関節と股関節です。どちらも、真ん丸の関節ですので動く範囲がとても広くなっています。また、股関節は立っている・歩いているときにとても大きな重みがかかります。歩いているときは、体重の3~4倍の重さが股関節にかかります。そのため股関節は、軽微な障害でも強い痛みと動きの制限が生じやすくなっています。

 

変形性股関節症の原因は??

 

股関節の疾患は、幼児、小児期、若年成人、壮年、高齢者と幅広い年齢層に生じます。もちろん、年齢層によって疾患は異なります。変形性股関節症は様々な原因で発症します。特発性といわれる、特に原因となる疾患がなくて変形性股関節症となる場合もありますが、骨折、大腿骨頭壊死症、ペルテス病などの疾患が原因で変形性股関節症を発症する場合もあります。

 

運動療法による痛みの軽減!!

 

佐賀市、小城市にある整骨院ひなた整骨院、あさひ整骨院は変形性股関節症の症状を改善するためには、運動療法が大事だと考えます。運動は、痛みを軽くし、股関節を動かすために必要な筋力を維持する目的で行います。痛みがあるからといって動かないでいると、股関節周りの筋力が低下し、動きが悪くなり、症状が悪化する悪循環に陥ります。股関節の可動域を広げ、股関節周りの筋肉を鍛える運動をして、股関節の安定性を高めることで、痛みをやわらげ、生活の質が改善することが分かっています。

 

佐賀市、小城市にある整骨院ひなた整骨院、あさひ整骨院が教える

変形性股関節症の効果的な運動

 

上記で運動が大事と言いましたが、股関節への衝撃が強い運動は避ける必要があります。股関節への負担が少なく、脚の筋肉を鍛えるのに効果的な運動には、水中ウォーキングや固定式自転車をこぐことなどがあります。これらの運動は、1日30分程度を目安に行うと良いです。また、手軽に自宅でできる運動を継続することも効果的です。

 

ですが、股関節に痛みを感じるときは、股関節を休ませてあげましょう。

痛みを無理に我慢して運動やトレーニングをすると、無意識に痛む部分をかばってしまい、ほかの関節にも負担をかけてしまうことが…。

 

運動は控える、あるいは違う運動をするなど、痛みがないようにしてください。運動療法で膝や腰など別の部位に痛みが出たときは、運動を控えるようにしてください。

 

しかし、まったく体を動かさない日が何日も続くと、ますます歩行ができなくなる可能性があり、悪循環を招く恐れもあります。痛みがあるときは、運動を休むべきか、どのような運動なら良いのかなど、佐賀市、小城市にある整骨院ひなた整骨院、あさひ整骨院にお気軽にご相談ください!

お問い合わせ

ひなた整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0937
佐賀県佐賀市鍋島3-7-32-102
アクセス
駐車場あり

あさひ整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0303
佐賀県小城市牛津町牛津573-12
アクセス
駐車場あり