• ひなた整骨院
  • TEL
  • 診療時間
  • あさひ整骨院
  • TEL
  • 診療時間

ばね指

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 曲げた指を戻す時、反対の指で戻してあげないと戻らない
  • 指が腫れている(熱っぽい)
  • 押えた時、動いた時に痛む
  • 指がしびれる
  • 指がこわばる

このようなことでお悩みの方は、「ばれ指」かもしれません。私たち佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」にお気軽にご相談ください。

ばね指(弾発指)とは?|ひなた整骨院 あさひ整骨院

指は、腱によって曲げたり伸ばしたりすることができます。指を曲げるときに使われる「屈筋腱」と呼ばれるところが浮き上がるのを防ぐ役割をもつのが「靱帯性腱鞘」です。

ところが普段の生活やスポーツ等で手や指を使い過ぎると、腱や腱鞘が炎症を起こして腱鞘炎となります。さらに悪化すると腱鞘が厚くなり、指を曲げ伸ばしする際に通過障害が生じ、引っかかりを感じるようになります。引っかかりが外れるときにバネが外れるように指が伸びるため、「ばね指」または「弾発指」と呼ばれています。

ばね指は、指が伸びなくなって曲がったままになり、指がしびれる、指が痛いなどの症状がみられます。症状が進むと、指が引っかかったまま伸びなくなる、もしくは曲がらなくなることもあります。

また、指を曲げてから指が伸びずに曲がったままとなり、伸ばそうとしたときにバネのように急激に伸びることを「ばね現象」といいます。ばね指の初期症状では典型的なものとされ、さらに症状が進行すると反対側の手で補助しなければ指が伸びなくなり、無理に伸ばそうとすると激痛が走ることもあります。特に親指に多くみられ、中指や薬指にも表れる場合があります。

ばね指(弾発指)の原因とは?|ひなた整骨院 あさひ整骨院

ばね指は手を使う人であれば誰でもなる可能性があり、日常でよくみられる病気のひとつです。ばね指の原因には、仕事やスポーツ等で手や指を使い過ぎることが考えられます。特に草取りや編み物の後、パソコン作業、またゴルフなどをやり過ぎた後に起こることが多いとされています。また加齢も原因のひとつです。老化によって屈筋腱と腱鞘に摩擦が起きやすくなり、腱鞘炎が発生しやすくなるといわれています。

日常生活において手指をよく使う45歳以上の女性に多く、妊産婦などにもみられることから、ホルモンバランスの崩れも原因として考えられています。

ばね指(弾発指)になった時の注意事項とは?|ひなた整骨院 あさひ整骨院

ばね指の症状がみられたときに、パソコン作業などで指を使い続けると、症状がさらに進行する恐れがあります。症状が悪化すると、激痛が走る、または指が動かなくなることもあります。できるだけ手や指を使わずに過ごし、安静にするようにしましょう。また症状に気づいたら早めに整骨院や整形外科に行き、適切な治療などを受けるようにしましょう。

ばね指(弾発指)の予防法とは?|ひなた整骨院 あさひ整骨院

まずはパソコン作業などの仕事やスポーツなどで、指を酷使し過ぎないようにしてください。またパソコン作業によって症状が出ている場合には手の甲を手前側に沿った状態でキーボードを打つと、手の甲のつけ根にある腱が炎症を生じやすくなります。そのため、ノートパソコンや薄いキーボードなどを使い、手首の下にクッションを敷くなどして手の甲を反らせずに作業をするなど、工夫して使用しましょう。

またスポーツをする際は適切な方法でボールやグリップを握るなど、手や指に負担がかかり過ぎないことを意識しましょう。

ばね指の再発を防止するためには、手を上げることやグーパー運動を行うと良いでしょう。起床後に手を上げると手のむくみがとれるといわれています。手を軽く握るか開いた状態で約10秒上げてください。

またグーパー運動は血流をよくし、手の強張りやむくみをとる効果が期待できます。20回程度繰り返し行いましょう。

ばね指(弾発指)の治療法とは?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院・小城市牛津町:あさひ整骨院

【整骨院でのアプローチ法】
整骨院では、指のストレッチを行うことがあります。指のつけ根から指に塗り薬を塗り、反対の手で指を伸ばすようにしてストレッチを行います。最初は痛くても、繰り返しストレッチをすると動きがスムーズになります。ばね指の症状が軽い場合には、ストレッチだけでも十分な回復が見込めます。また超音波や低周波治療、レーザー治療などを行い、回復しない場合には手術となることもあります。

【病院(整形外科)での治療法】

患部を動かさないようにするため、装具や添え木をつけることがあります。また、ステロイド剤を注射することもあります。注射の場合、3ヵ月程度は症状が落ち着くことが多いといわれていますが、再発する場合もあります。何度も注射を打つと腱が切れてしまうことがあるため、短期間で頻繁に注射をすることは勧められていません。このような治療をしても回復しない場合、腱鞘切開術と呼ばれる手術をすることもあります。

日帰りの手術で、7~10日程度で抜糸を行うのが一般的な流れです。整形外科ではレントゲン撮影もできるため、一度症状を診てもらった後に整骨院で治療をすることもできます。

当院でのアプローチとは?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院・小城市牛津町:あさひ整骨院

佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』では「ばね指」に対して以下の治療法を勧めさせていただきます。それが、「保存療法」と「手術療法」になります。しかし、ほとんどの患者様が「保存療法」での改善をされます!

この保存療法とは【安静】・【装具療法】・【注射】になります!

【安静】

ばね指は、指を多く使うことによって起こる症状になります!なので普段多く使わない反対の手でサポートし、できるだけ普段使う手を休ませてあげることが大事です!

【装具療法】

このばね指の治療法は文字を読んだままで固定具を付けることになります!固定具をつけることによって日常生活に支障はありますが、痛みを緩和させる意味では強制的に動きを固定するので無理に動くことがなくなり安心して過ごせるようになります!

上記のことを佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』ではお願いしております。「安静」と「装具療法」の2つをばね指の症状がみられた方にはして頂くことで改善に大きく繋がるので心がけていただきたいです!

そして、佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』では少しでも違和感を感じる患者様に治療はもちろん、予防の方法やアプローチまでお伝えしておりますので、是非、お気軽に佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』までご連絡ください。

最後に佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』では、この「ばね指」の症状は日頃の手の使い過ぎによって起こる症状と判断しております。なので筋肉が疲労し固まっていることにも繋がることから、日常でご自身でも行えるストレッチを佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』ではお伝えすることができます!

手のひらにある筋肉や、指のストレッチを痛みが治まってから行うことで再発の防止や症状の緩和にも大きくつながります!加えて、佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』では手技だけの治療ではなく、根本改善の治療もあります。

「ばね指」で悩まされている方には手や腕周りの筋肉の張りをとってあげるための筋膜リリースといったメニューが佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』ではあります。

このように佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』では痛みから再発の予防まで患者様が日常生活を送る中で悩みのない身体作りができるよう最後までサポートをさせて頂きます。

以上になりますが、「ばね指」の症状やお身体に痛みでお悩みがある方は佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』にお気軽にご連絡、ご相談下さい。

ちなみに佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』は平成26年(2014)5月開業、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』は令和2年(2020)4月開業になります。

佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』は地域密着型で【目配り・気配り・心配り】をモットーにスタッフ一同、アットホームな雰囲気で皆様との出会いを大切にしています。

痛みはもちろん、猫背矯正や骨盤矯正を希望される方、また癒しの空間を求められる方、皆さんのニーズに寄り添いながら誠意を持って対応させて頂きます。

是非、佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市牛津町にある『あさひ整骨院』の扉を開いてみて下さい。

当サイトから【LINE予約】や【電話予約】もできますのでお気軽にご活用下さい。

ひなた整骨院

〒849-0937 佐賀市鍋島3丁目7-32(0952-37-9446)

あさひ整骨院

〒849-0303 小城市牛津町牛津573-12(0952-37-3360)

お問い合わせ

ひなた整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0937
佐賀県佐賀市鍋島3-7-32-102
アクセス
駐車場あり

あさひ整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0303
佐賀県小城市牛津町牛津573-12
アクセス
駐車場あり