• ひなた整骨院
  • TEL
  • 診療時間
  • あさひ整骨院
  • TEL
  • 診療時間

産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 体重が元に戻らない
  • 太りやすくなった
  • 肩こりや頭痛がある
  • 手足が冷える
  • 手足がむくむ
  • 尿漏れする

このような症状でお困り方は、私たち佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」にお気軽にご相談ください。

どうして産前、産後は症状がでるの?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

妊娠すると、卵巣からリラキシンホルモンが分泌されるようになり、出産しやすいよう骨盤回りの靭帯が徐々に柔らかくなります。出産後はこのホルモンの分泌が止まるので、半年もすれば骨盤は元の形に戻るといわれています。

しかし、実際には体調が戻らぬまま赤ちゃんや家族の世話をしなくてはならず、腰への負担が常にあるため、骨盤が開いたままになってしまうケースが多いのです。さらに、妊娠中に増えた体重は出産後すぐに減ることはなく、2~4ヶ月で平均4キロ減るものの、妊娠前より2~3キロ増えることが多いといいます。
その重みが常に骨盤にかかってくるため、歪みやすいのです。

産後に骨盤が戻らないとどうなるの?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

産後、骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れて、筋肉の動きが妊娠前と変わってしまうことがあります。

また、産後は筋力が低下していて脂肪の燃焼がうまくいかないこともあるため、カロリーを多く摂取しすぎるとエネルギーが消費されずに体重が増えてしまうこともあります。

出産後に妊娠前の服が入らなくなってしまったという声がよく聞かれるのは、このためです。

産後の骨盤の歪みは、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などの婦人科系トラブルにつながることもあります。

産前、産後にみられる代表的な症状|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

①体重が元に戻らない(太りやすくなる)

骨盤が歪むとその周りの筋肉もゆるみ、エネルギーを消費しにくくなります。また、血液の流れが悪くなるため老廃物の排出もうまく行かなくなり、余分な脂肪が蓄積されやすくなるのです。

➁肩こりや頭痛、腰痛が慢性化する

骨盤は身体の中心にあり、その真ん中を通る背骨が身体の軸となっています。そのため、骨盤が歪むと背骨がずれ、周りの筋肉がそれを支えるため負担がかかり、血管や神経を圧迫してしまい、痛みを引き起こします。

③手足が冷え、むくむ

冷えやむくみの原因の一つに、自律神経の乱れがあります。自律神経は脳から背骨を通り全身に巡るため、背骨が歪むと自律神経も乱れます。すると熱を運ぶ血液の流れも悪くなり、身体が冷えて水分代謝が悪くなるのです。

④尿漏れする

骨盤内にある骨盤底筋には、内臓を支える働きがあります。しかし出産によってこの筋肉が伸びると内臓が下がり、膀胱を圧迫してしまうため尿漏れが起きやすくなります。

産後骨盤矯正とは?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

産後の骨盤は、横方向への広がりと縦方向でのゆがみが生じています。また、その不安定でゆがんだ状態の骨盤をかばう為、周囲の骨や筋肉にも影響し、背骨などにもゆがみが発生します。そのため、産後は、開いた骨盤と筋肉に対して専門的なアプローチをかけ、引き締める必要があります。

また出産後にしっかり骨盤矯正をすると、産後の体型戻しに効果があるだけでなく、腰痛や頻尿を予防できるといったメリットもあります。骨盤ベルトや骨盤ガードル、骨盤体操や骨盤スクワット、ヨガやピラティスはもちろんのこと、普段から姿勢や歩き方を気にして骨盤がゆがまないよう心がけることでも、骨盤ケアにつながります。

育児に忙しい時期ですが、骨盤矯正や産後ダイエットを上手に取り入れて、健康的に産後を過ごしていけるよう佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」では、産後の身体のお悩みだけでなく、産後のケアについてなど幅広い知識と経験を持っている専門スタッフが施術いたします。

産後骨盤矯正は出産後どのくらいから始めればいいでしょうか?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

産後の骨盤矯正は一般的に出産後に体調が安定した1〜2か月頃から始めるのがベスト良いと言われています。

ただし、産後の体調が回復するスピードは個人差があります。また普通分娩か帝王切開かでも異なってくるので決して無理をせずお医者さまや施術スタッフと相談しながら開始してください。
出産後、骨盤矯正の効果が得られやすい期間としては出産後半年の骨盤が柔らかい時期から、ある程度固まってしまう出産後一年までが効果的であるとされています。

産後いつまで受けられる?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

産後、靭帯はとても柔らかくしなやかな状態なので、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会です。骨盤矯正の効果が得られる期限には諸説ありますが、基本的には、産後6ヶ月頃までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。産後3ヶ月を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になるため、歪みが強い場合は骨盤矯正をするのが大変になることもあります。そうなる前に、早めに骨盤矯正を開始するのをお勧めします。

ただし、産後1ヶ月は悪露が出たり体力が回復しなかったりして、出産の影響が残っている時期です。無理をすると体調を悪化させる可能性もあるので、産後1ヶ月ほどは焦らず、体と相談しながら産後の骨盤矯正をスタートしてください。ちなみに半年を過ぎると矯正が受けられなくなるということではありません。ただ、半年を過ぎ徐々に固まってきた骨盤を矯正するには骨盤を正常な状態に戻すまでに時間がかかります。

産後の骨盤矯正を受ける際の注意点は?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

骨盤矯正は健康のためにも大切ですが、出産後のママの体はたくさんのエネルギーを使ってボロボロの状態です。「産後の床上げ」という言葉があるように、昔は、産後約1ヶ月間は横になって安静に過ごして、体を回復させる期間といわれていました。

出産後に骨盤矯正を行うときは、必ず体の状態を確認してから取り組むようにしてください。

出産後すぐに着用可能とされているリフォームインナーであっても、入院中に医師や助産師に使用してもいいか確認してから使うと安心です。骨盤矯正に効果のある運動や整体、マッサージなどは、産後1ヶ月健診で医師に確認してから始めるようにしましょう。

骨盤矯正は、すぐに効果が現れるものではありません。また、効果の現れ方に個人差もあります。自分にあった方法を探してコツコツと続けていくことが大切です。

産後骨盤矯正の料金はいくらですか?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

産後の骨盤矯正の料金は、通常「2000円」のところ特別料金として一回「1500円」となっております。
また、毎回受付時のお支払いの負担を減らす為にサブスク(定額制)の導入もしておりますのでお気軽にご相談下さい。

施術の時に痛みはありますか?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

骨盤矯正は痛みがなく矯正出来るので、女性の方でも安心して施術が可能となります。

通院頻度・回数はどのくらいですか?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

通院回数と頻度に関しては、骨盤の傾斜角、姿勢分析のチェックを矯正前に行い頻度・回数を決めていきます。一回矯正してかなり歪みがリセットされたとしてもすぐに効果は戻ってしまいます。
その為、週2回の通院が必要となります。

子供と一緒に来院しても大丈夫ですか?|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」では現在も多くの妊婦様をはじめ、小さな子どもさんと一緒に来院される患者様も少なくありません。また女性スタッフも常駐しておりますので安心してご来院頂けます。

お問い合わせ

ひなた整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0937
佐賀県佐賀市鍋島3-7-32-102
アクセス
駐車場あり

あさひ整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0303
佐賀県小城市牛津町牛津573-12
アクセス
駐車場あり