• ひなた整骨院
  • TEL
  • 診療時間
  • あさひ整骨院
  • TEL
  • 診療時間

鵞足炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩くと膝の内下方が痛む(体重がかかると痛む)
  • 運動中や運動後に膝の内下方が痛む
  • 長時間座った後に立ち上がると膝の内下方が痛む
  • 正座やあぐらをかくと膝の内下方が痛む(または正座しづらい)
  • 膝の内下方が腫れていて押すと痛む

上記のような症状でお悩みの方はもしかしたら「鵞足炎(がそくえん)」と呼ばれる疾患かもしれません。私たち佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」にお気軽にご相談ください。

鵞足炎とは|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

鷲足炎とは、「がそくえん」と読みます。膝の内側の部分のことを言い、そこに付着する筋肉が原因で痛みが出ます。この鷲足を構成する筋肉は、縫工筋、薄筋、半腱様筋という3つの筋肉から構成されます。この3つの筋肉の付着地点がこの症状(痛み)が出ている部分「鷲足」という部分になります。難しい名前ですが、名前の由来は、この部分の見た目が鳥の足のように見えるため、解剖学的に鵞足と言われるそうです。

痛みが出る原因はスポーツでの負担(走る、ジャンプなど)の繰り返しでの摩擦や、階段の昇り降りなどのように日常生活における膝への負担によって鵞足部分に炎症が起き、その後痛みなどが出てきます。スポーツ前後などでのストレッチ不足、膝への過度な負担が繰り返されたりすると筋肉同士の摩擦により症状が悪化しますし、一度癖になってしまうと何度も起こる可能性があります。

鵞足炎が改善しない理由|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

「ニーイントゥアウト(knee-in toe-out)」という言葉はご存知でしょうか?日本語に略すと、膝が内側に入り、つま先が外側にある状態です。この状態が続く理由として「脚力のアンバランス」や、「身体の歪み」が挙げられます。

正しい姿勢で歩行する場合は真っ直ぐになりますが、身体の歪みがあると脚の軸がズレ、膝の内側(鵞足部分)への負荷が大きくなり、普段より筋肉が引っ張られ痛みなどが出てきます。また脚の軸がズレていることにより、膝の靭帯損傷や半月板損傷、足首近辺では回内足、回外足、偏平足なども起こりやすくなってしまいます。

鵞足炎の治療について|佐賀市鍋島:ひなた整骨院、小城市牛津町:あさひ整骨院

佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」での施術は以下の流れに沿って組み立てていきます。

①患者様のお⾝体の状態を把握するため「⾻格の歪み」、「関節可動域」の検査を⾏います
➁検査結果を患者様と共有し、現在の身体の状態を知って頂きます
③患者様が身体の状態を把握した後に治療の提案を⾏います

鵞足炎の痛みの度合いによる関節可動域を広げる施術を関わってる筋⾁を1つ1つ狙いながら解決していきます(痛みがある⽅はまずは全体的にアプローチ)

佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」では、しっかり問診・検査を行った後、その方に最適な治療をおこないます。

佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」では主に痛みの治療の段階でオススメしていくものに「AS矯正」と鵞足炎の症状が改善した後に再発予防として「リアラインシューズを用いての筋肉強化」など可能な運動療法を行っています。

①AS矯正とは、佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」独自の矯正法であり、股関節を中心に全身のバランスを整えるといった矯正になります。

何故、股関節に着目しているのかといいますと、人間の体の構造では骨盤が土台となり、その土台から脚を動かすために股関節は重要な関節となります。

股関節の硬さに左右差があると、体を正面から見た時に、肩の高さや、骨盤の左右の高さに違いが出てきます。まずは股関節の動く範囲の左右差を整えることにより、バランスのいい体の状態にしていきます。股関節の動く範囲の左右差が無くなると日常生活を送る上で、一定の箇所に負担がかかりにくくなり鵞足炎の早期改善に繋がります。

また、痛みが強い場合はハイボルトを使って痛み除去、軽減を行ったり、膝だけでなく腰や全身の血流障害を改善するために温熱療法 × AS矯正を行い、症状改善に努めます。

➁二つ目に佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」では再発予防を主な目的としたリアラインシューズを用いた運動療法を行います。

このリアラインシューズは、シューズの底に一本の棒があり下駄のようになっています。

リアラインシューズの特徴としては、実際に履いていただくと体感できるのですが、不安定なシューズで、装着してスクワットや、足を前後に開いて行うランジといわれる動作をすることで、膝を内側に捻ってしまう(ニーイン)がなくなり、正しい動きが習得できます。

このリアラインシューズは、膝関節のリハビリテーションや、膝関節の安定性を向上させることを目的として使用します。

佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」では、リアラインシューズの使用方法を院内に写真で掲載しております。

リアラインシューズを初めて使用される方にはスタッフがマンツーマンで付き添い、写真を活用して説明しながら運動指導を行います。とても分かりやすく誰でも簡単に行うことができるので気軽に取り組めます。現在、私たち佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」にも鵞足炎で悩まれていた患者様が多く来院されています。

 佐賀市鍋島にある「ひなた整骨院」、小城市牛津町にある「あさひ整骨院」の施術は来院患者様お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術です。問診や施術前の検査を患者様と共有しながら、現在の身体の状態を患者様⾃⾝も把握・理解して頂き、一緒に痛みのない身体にしていきましょう!

お問い合わせ

ひなた整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0937
佐賀県佐賀市鍋島3-7-32-102
アクセス
駐車場あり

あさひ整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0303
佐賀県小城市牛津町牛津573-12
アクセス
駐車場あり