• ひなた整骨院
  • TEL
  • 診療時間
  • あさひ整骨院
  • TEL
  • 診療時間

スタッフブログ

手足のしびれ

手足のしびれ

皆様、こんにちは。

佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市芦刈町にある『あさひ整骨院』の船越と申します。

 

本日は手足のしびれに関して書かせて頂きます。

 

「腰痛とともに、足にしびれを感じてきた」
「なぜか手のひらに違和感がある」
このような「しびれ」の症状に、心当たりはありませんか?

身体がしびれる原因は様々ですが、「一時的なものだと思ってしびれを放置していたら、実は重い病気が関係していた!」なんてことも少なくありません。

 

まず手や足のしびれとしてよくある症状を確認してみましょう。

「正座やあぐらを長時間続けると、足がしびれる」
「重い買い物袋を持っていると、手のひらがしびれる」
このようなしびれは「一時的に血管や神経が圧迫される」ことによって起こります。
手や足を楽にすると自然としびれが解消されるので、あまり心配はいりません。

 

【意外と知られていないしびれの発生要因】

①筋肉の緊張

まず肩こりや腰痛がある人、手を酷使するような作業を続ける人に多いのが、筋肉の緊張によるしびれです。筋肉を使いすぎたり、凝り固まって緊張した状態が続くと、その周囲にある血管や神経が筋肉によって圧迫されてしびれを引き起こす場合があるのです。

➁骨の変形や骨格の歪み

肘を硬いところにぶつけると、手のひらや指先がジーンとしびれて痛みが走ります。このしびれは肘の皮膚に近い場所を通る神経(尺骨神経)に、直接ダメージが加わることで発生します。
少し安静にすると落ち着いてきますが、万が一骨が変形(または骨折)してしまう程の衝撃を受けた場合、その骨に神経が触れて長期間しびれや痛みが走ることがあるのです。また、骨格や背骨のゆがみがしびれを引き起こす場合もあります。背骨をわかりやすく例えると1つ1つドーナツのような形状をしていて、首から腰のあたりまでいくつも積み重なってできています。
連なったドーナツの空洞部分には神経が通っているため、猫背などの不良姿勢で背骨がゆがんでしまうと、神経が傷つき痛みや違和感などの症状が表れてしまうのです。

③更年期障害

更年期障害によって女性ホルモンである「エストロゲン」が減少すると、手足がしびれるような感覚が表れることがあります。エストロゲンが不足すると血流が低下してしまうため、身体の末端である手や足先が冷えたり、朝起きたときにしびれの症状が出たりするのです。

④その他の病気

「糖尿病」による血行障害や、「脳梗塞」などを代表とする脳の病気の症状として、しびれが起こることがあります。気になる場合にはすぐに専門医へ相談してみることをオススメします。

 

【手のしびれを引き起こす代表的な疾患】

①頚椎ヘルニア

正式名称を「頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア」と言います。背骨は1つ1つの骨の間に「椎間板」というクッションの役割を果たす組織がはさまっています。
椎間板が何らかの衝撃(交通事故のむち打ちなど)を受けて潰れてしまうと、近くを通る神経を圧迫することがあるのですこの現象が首の骨(頚椎)で起こることを「頚椎ヘルニア」と呼び、腕から手のひらにかけてのしびれや、だるさなどを引き起こします。

➁手根管症候群

デスクワークや細かい手作業を長時間続ける方に多いのが、「手根管(しゅこんかん)症候群」です。手首の靭帯が腕から手のひらにかけて走る神経を圧迫することで起こり、手のひらの違和感やだるさ、指先のしびれなどの症状が表れます。

③胸郭出口症候群

猫背やなで肩の女性に多く発症します。腕を高く挙げて洗濯物を干したり、つり革につかまるような動作で肩や腕にしびれがあれば、「胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群」の可能性が高いです。「胸郭出口」とは鎖骨と肋骨の間にある空間のことで、ここを多くの神経や血管が通っています。猫背やなで肩の人はこのすき間がもともとせまいため、腕を挙げると神経や血管が圧迫されてしびれが出てしまうのです。

 

【足のしびれを引き起こす代表的な疾患】

①腰椎ヘルニア

先程説明した「椎間板ヘルニア」の中でも、背骨の腰の部分(腰椎)で起こるものを「腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)」と呼びます。椎間板による神経の圧迫が強い場合、腰からお尻・ふくらはぎにかけてチクチクと電気が走るような痛みや、スネの部分にしびれの症状が表れます。

➁坐骨神経痛

「坐骨(ざこつ)神経痛」は疾患名ではなく症状の名称ですが、足のしびれの大部分を占めているためここでご紹介します。坐骨神経とは、腰から足の先まで伸びるとても長い神経です。腰椎椎間板ヘルニアや腰椎のゆがみ・変形などのトラブルによって坐骨神経が圧迫されたり傷ついたりすると、坐骨神経痛となって症状が表れます。症状の出方は人によってさまざまですが、坐骨神経の通るお尻や太もも、スネなどにしびれや痛みが走ることが多いです。中には「太ももに熱い(もしくは冷たい)飲み物をこぼしたと思ったけど、何もこぼれていなかった」という症状を話す人もいます。腰痛があり、なおかつ足にしびれや知覚の異常を感じたら、坐骨神経痛の可能性を視野に入れましょう。

 

【佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市芦刈町にある『あさひ整骨院』での施術】

「筋肉の緊張」や「使い過ぎ」によるしびれの場合は、身体を温める「温熱療法」や、微弱な電気を身体に当てる「電気療法」で筋肉をほぐしていきます。血行も促進するため、より効率的にしびれの症状を改善できます。

「姿勢の悪化など」がしびれの原因の場合、正しい姿勢を保つために必要な筋力を高めるために、的確な運動方法を指導します。痛みの程度や症状をしっかりと見定めてから運動を開始するので、早期の回復や再発防止にもつながります。

「骨格のゆがみなど」が原因の場合は、まず周囲の筋肉を指圧やマッサージなどでほぐしてから、骨の位置を矯正していきます。「矯正」と言っても無理に背骨をボキボキと鳴らすわけではなく、ゆがみの原因となっている骨や関節の位置を、少しずつ丁寧に整えていきます。

 

ここまでご紹介したように、一言で「手足のしびれ」と言っても、その原因は様々でできるだけ早く原因を突き止めないと、症状が悪化してしまったり、重篤な病気のサインを見逃してしまう可能性も高くなってしまいます。手足のしびれでお悩みの方は、佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市芦刈町にある『あさひ整骨院』にお気軽にお問い合わせください。

 

ちなみに佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』は平成26年(2014)5月開業、小城市芦刈町にある『あさひ整骨院』は令和2年(2020)4月開業になります。

佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市芦刈町にある『あさひ整骨院』は地域密着型で【目配り・気配り・心配り】をモットーにスタッフ一同、アットホームな雰囲気で皆様との出会いを大切にしています。

痛みはもちろん、猫背矯正や骨盤矯正を希望される方、また癒しの空間を求められる方、皆さんのニーズに寄り添いながら誠意を持って対応させて頂きます。

是非、佐賀市鍋島にある『ひなた整骨院』、小城市芦刈町にある『あさひ整骨院』の扉を開いてみて下さい。

当サイトから【LINE予約】や【電話予約】もできますのでお気軽にご活用下さい。

ひなた整骨院
〒849-0937 佐賀市鍋島3丁目7-32(0952-37-9446)
 
あさひ整骨院
〒849-0313 小城市芦刈町永田308-1(0952-37-3360)
 

お問い合わせ

ひなた整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0937
佐賀県佐賀市鍋島3-7-32-102
アクセス
駐車場あり

あさひ整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0303
佐賀県小城市牛津町牛津573-12
アクセス
駐車場あり