• ひなた整骨院
  • TEL
  • 診療時間
  • あさひ整骨院
  • TEL
  • 診療時間

スタッフブログ

産後骨盤矯正について

産後骨盤矯正について

みなさんこんにちは!佐賀市鍋島町のひなた整骨院、小城市牛津町のあさひ整骨院です。

今回のブログのテーマは「産後骨盤矯正について」です。

 

なぜ骨盤が歪むの??

 

産後に骨盤が歪んでしまう理由は、赤ちゃんを安全に出産するために産道が開くからです。

妊娠をすると赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなりますが、同時に「リラキシン」というホルモンが分泌され、骨盤も少しずつ開いていきます。

このホルモンは、出産の際に赤ちゃんが産道を通りやすくするために、骨盤周りの関節や恥骨、筋肉を緩めて骨盤を広げる働きを持っています。

出産後は、骨盤がずれた状態。普段と違った抱っこや授乳などの体勢を繰り返したり、間違えた姿勢のまま過ごしたりしてしまうと骨盤がずれた状態で固定され、不調を起こします。

また、骨盤のずれは体の血行不良も引き起こしやすくなるため、さらに体型が戻りづらくなってしまう場合も。

適切なタイミングで産後の骨盤矯正をして、骨盤を整えることで産後に生じる不調の改善が期待できます。

 

産後骨盤矯正のメリット

産後に骨盤矯正をする効果やメリットは、さまざまあります。

 

・姿勢が良くなる

骨盤がずれていると、自分ではよい姿勢と思っていても猫背気味になったり、ずれた位置で姿勢を固定していたりする場合があります。

また、妊娠前からの生活習慣による体のずれも一緒に整えることができるため、うまく活かせば妊娠前よりもよい体の状態を目指せますよ!

 

・冷え性やむくみ、便秘の改善

骨盤のずれによる冷え性や便秘、むくみ改善にも効果が期待できます。

これらの症状は放っておくとさらに悪循環を生み出すため、骨盤を整えて早めの対処ができるとよいですね。

 

・肩こり、腰痛、恥骨痛、関節痛の改善

出産で開いた骨盤をそのままにした状態で過ごしてしまうと、ずれた筋肉や骨によって肩こりや腰痛、恥骨痛、関節痛など日常生活でさまざまな不調を引き起こします。

お子さんが産まれた直後は抱っこをすることも増えるので、肩こりや腰痛など体が辛いのはできるだけ避けたいですよね。

骨盤矯正をすることで、正しい位置に骨盤が戻り、これらの不調の改善が期待できます。

 

などのメリットがあります。

 

では、産後いつから通っていいのか??

骨盤矯正ができる時期は、一般的には産後1ヶ月半からと言われています。

出産直後の体は、骨盤に大きな負担がかかっているため、まずは心も体も休ませてあげる必要があるからです。

もちろん産後6ヶ月以降の場合も骨盤矯正をすることは可能です。

ただ、最適な期間に比べると改善までに時間がかかってしまうこともあるので、できるだけ産後のベストな時期に骨盤を整えることをおすすめします!

 

佐賀市鍋島町のひなた整骨院、小城市牛津町のあさひ整骨院はお子様連れでも大丈夫ですので、安心してご来院ください。

お問い合わせ

ひなた整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0937
佐賀県佐賀市鍋島3-7-32-102
アクセス
駐車場あり

あさひ整骨院

line

診療時間

住所
〒849-0303
佐賀県小城市牛津町牛津573-12
アクセス
駐車場あり